誠意があれば借りる資格があるのではないか

3lkariteru4 post on 3月 18th, 2014
Posted in 未分類

お金を借りるといっても内容的にいろいろあると思います。まずなぜ借りるのか?
何かの事業のために何千万何百万というお金を借りる。
生活に困ってどうしても30万円ほど借りる。
人のお金を使いこんだ。

人助けのためにどうしても50万円とかいろいろあると思います。いずれにしてもやはりお金の本質を理解していない人が借りると厄介なことになると思うんですね。やはりお金を肌で感じれる人でないと貸し借りはしない方がいいと私は思います。それは50円であれ、5000万であれ同じ事だと思います。

今は簡単にお金を借りることはできますが、大昔はお金の代わりに野菜だったり、お米だったりしていた時代もあったんですよね。ということはお金と物というのは比例しますよね。この本質が理解できてないとエアーマネーのごとくどんどん借りたりするに違いないような気さえします。

ですからお金を借りるということはお金という物をかりることだと私は思います。だから現金3万円でも通帳に送金しといてっ!っていうのが現代ですよね。しかしお米を大八車にのせてきてもらったくらいの気持ちがあるかだと思います。ですからお金を借りるのは別にいけないことではないと思います。”

Comments are closed

Comments are closed.